「HOnPro(ホンプロ)」のロゴ

【CREATIVE ROOM(クリエイティブルーム)】子育てと仕事を両立できるコワーキングスペース『九州・沖縄企業のコワーキングスペース探訪記vol.6』

WORKATION

SHARE
  • コロナ禍で在宅勤務が増えたけれど、子どもがいると仕事に集中できないとお悩みではありませんか。今回は福岡県福岡市で託児ルームを併設しているコワーキングスペース「CREATIVE ROOM(クリエイティブルーム)」を運営しているスタイルクリエイト株式会社 代表の麻生さんにお話を伺いました。福岡県ではまだまだ知名度が低いコワーキングスペースですが、働きやすい環境作りに取り組もうと考えている方はぜひ参考にしてください。

    スタイルクリエイト株式会社 代表 麻生さん

    仕事をするために育児を犠牲にしたくないという想い

    スタイルクリエイトは福岡県内に5か所の保育園を運営するなど、保育園事業を中心にしている企業ですが、新たに託児ルーム付きコワーキングスペースの運営をはじめました。
    コロナ禍になり保育園や幼稚園、学校が休園・休校となって、働きながら子育てをする人は、子どもの預け先がなく途方にくれたという経験をされたのではないでしょうか。
    そんな時にたまたま福岡県のHPを見て「福岡県サテライトオフィス等開設支援事業補助金 補助事業」に関する入札情報を発見し、もっと子育てをしている人に働きやすい環境を提供したいと思い、応募しました。書類審査やプレゼンテーションを経て、無事にクリエイティブルームを開設できました。
    代表である麻生さんも子どもを育てながら働いています。仕事と育児の両立をするためには、保育園に0~2歳の小さい頃から子どもを預けることが一般的になっている風潮に疑問をずっと持たれていました。そこでスタイルクリエイトの企業理念である「女性に輝き続ける人生を」を実現するための1つとしてコワーキングスペースをはじめました。
    とくに起業する女性はまだまだ少なく、仕事をするためには家庭や育児を犠牲にしないといけないという考えを変えたいと思っているそうです。その他に転勤族の夫を持つ女性など、家庭以外に居場所がないと感じがちな女性に利用されることを想定されています。

    会社勤めの方にこそコワーキングスペースの利用方法を知ってほしい

    福岡県をはじめとする九州地方では、東京や大阪などの大都市圏と比べるとリモートワークがそれほど盛んではありません。さらに車通勤が多く、自宅もしくは職場で働くことが一般的な風潮です。とくに会社勤めの方々には、まだまだコワーキングスペースという働ける環境を知らない方が多い現状を、クリエイティブルームを発信することで変えたいと考えています。
    現在、クリエイティブルームでは東京にある7つの企業と月極契約を結んでおり、契約している企業の中には、福岡県に住んでいるスタッフが働く場所として利用されています。
    コワーキングスペースとしてももっと多くの方に活用してほしいですが、今後はさらに2つあるサテライトルームを、オフィスとして活用する方法もおすすめしています。
    結婚・出産・育児など人生のターニングポイントを迎えることが多い30代の方で、子どもがいるから働けないと困っている方にコワーキングスペースの存在を知ってほしいと考えています。子どもがいても働き続けられる環境があれば、人生の選択肢のバリエーションが増えるからです。コワーキングスペースはフリーランスなどの限られた方しか使っていない印象が強いかもしれませんが、職種や性別を問わず気軽に使用していただけます。少しでも気になった場合は、お気軽にお問合せください。

    保育園を経営しているからこそできる託児ルーム付きコワーキングスペース

    クリエイティブルームでは、実際に保育園を運営しているからこその気遣いが随所にあふれています。内装はサテライト(惑星)をイメージし、ぶら下がった照明を使うなどのこだわりの空間です。


    クリエイティブルームは子どもも大人も飽きのこないデザインで、ナチュラルな雰囲気のコワーキングスペースです。国産ヒノキの廃材を利用してできたおもちゃは軽く丈夫な一方、椅子やテーブルは重く子どもが動かせないように工夫されています。現在、託児ルームは3日前までに予約が必要で、予約された子どもの人数や年齢によって保育士を配置しています。今後さらに利用者が増えたら、保育士を常駐させる予定です。


    最近の子どもの安全に関わるような事件を受けて、24時間365日いつでもセコムにつながる防犯ボタンをコワーキングスペース内に3か所、設置しています。基本的にコワーキングスペースの入口はスタッフのみが開閉できるようにしています。
    水回りにもこだわり、託児スペース内に子ども用のトイレを設置するなど、子どもの動線も考えられています。託児ルーム入口やトイレの鍵は小さい子どもが届かない高さに付けられているので、子どもが勝手に外に出てしまうことを防げます。

    親子で楽しめるイベントも開催

    クリエイティブルームでは、コワーキングスペースとしての使い方だけでなく、親子で楽しめるイベントも開催しています。コワーキングスペースで働いている間や仕事終わりなど、多様な使い方をしていく予定です。
    親子でコワーキングスペースに来て、仕事終わりに親子で英語が習えたら便利だと思いませんか。親はビジネス英語、子どもは英会話などを学ぶカリキュラムです。コロナの影響で海外への留学が難しい今だからこそ、海外の文化に触れる機会を作りたいと考えています。

    多様性のある働き方のためにコワーキングスペース

    子どもを保育園に預けずに働きたい、保育園に入れないとお悩みの方は、一度託児ルーム付きのコワーキングスペースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。子どもと一緒に過ごす時間を増やしたいとお考えの方にもおすすめです。クリエイティブルームでは、コワーキングスペースだけでなく、英語や美術のイベントなども開催していきますので、ぜひご家族でお楽しみください。

    施設情報
    CREATIVE ROOM(クリエイティブルーム)

    所在地:福岡県福岡市中央区大名1丁目3-32 ラ・コルテ大名203

    営業時間:平日8:30~19:00(日祝日・夏季冬季休暇利用不可)

    URL:https://c-room.jp/

    author
    HOnProマガジン編集部

    HOnProマガジン編集部は、それぞれ異なる個性や背景をもったメンバーから構成されています。さまざまな視点や角度から九州・沖縄の働き方と休み方の今を取材し、現場目線でフレッシュな情報を発信して参ります。